• ホーム
  • 育毛の薬のジェネリックは本物とどう違う?

育毛の薬のジェネリックは本物とどう違う?

髪の毛が多くなるので、嬉しくなる男性

ジェネリックとは先発薬をコピーして作られた後発薬で、ほぼ同等の効果を期待できます。
本物ではありませんが、同様の成分で作られているので意識しなければ効果はほぼ一緒です。
完全に一緒とならない理由は、製造工程などに違いがあれば作用も変わってくるからです。
ただ、大きく影響することはなく、気分的な問題と考えても問題ありません。
ほとんどの方は先発薬のほうが効果が高いとイメージしますが、実際に使用すると違いに気づく方は少ないです。
ジェネリックであることを隠して服用してもらうと、本物だと思い込んでしまう方が大半です。

育毛の薬は医療機関で処方を受けるのが好ましいですが、クリニックに通うのが大変という方もいるでしょう。
そうした方は利用した経験のある薬に限定し、ジェネリックを活用しても問題ありません。
個人輸入で購入でき、先発薬と比べて大幅に安くなっています。
たとえば、AGA治療薬として有名なプロペシアは有効成分フィナステリドの効果で毛髪サイクルを整えることができるので、継続して服用すれば薄毛の改善が可能です。
しかし、プロペシアの値段は決して安くありません。
継続して飲まなければ効果はありませんが、資金に余裕がない場合はそれが難しくなってしまいます。
そこで紹介するのが、プロペシアのジェネリックであるフィンペシアです。
フィンペシアもフィナステリドが配合されているので、効果はプロペシアと同じものですが、なんとプロペシアの約1/6の値段で手に入ります。
AGA治療薬を継続して飲み続けるのであれば、同じ効果で安く手に入るフィンペシアをおすすめします。
こちらはフィンペシアのネット通販サイトで手に入れることができます。

個人輸入の通販は手軽ですが、処方されたことのない薬に関しては自己判断で利用するしかありません。
自身の職業や医師や薬剤師なら自分にあったものを選びやすいでしょうが、素人の方は注意が必要です。
本来は使用してはいけない薬を購入してしまう場合もあるからです。

医薬部外品の育毛剤の場合は、副作用はそれほど大きくはありません。
発毛剤よりも効果は弱いですが、副作用も弱く抑えられています。
医師や薬剤師、登録販売者に相談せずに購入できる育毛剤に関しては、自己判断で購入して使用しても大きな問題はありません。
ただし、海外仕様の育毛剤に関しては日本で使用される成分とは異なる場合があるので、できれば避けたほうがいいでしょう。
クリニックで処方されている成分なら問題はありませんが、日本で処方されるものよりも有効成分の含有量が多い場合は副作用も強くなると考えてください。

関連記事
アーカイブ
人気記事一覧
サイト内検索